Skip to content

サカモトデイズ 173ネタバレ|有月とリオンの青春の刹那

日本のマンガはストレス解消の最高の手段だよね。みんなが見てるように、日本のアニメとマンガはいつもネットで話題になってる。ほぼ全員が日本のアニメシリーズとマンガにフォローしてるんだ。日本は素晴らしいアニメシリーズとマンガを生み出して、みんなの心に特別な場所を作ってるんだよ。

『サカモトデイズ』173 は、その中でも特に注目を集めている日本のマンガ。このマンガはYuto Suzukiによって書かれ、彼が同時にイラストも手がけているんだ。『サカモトデイズ』は2020年から連載中で、マンガは2020年11月21日に公式に発売され、今も続いているよ。

サカモトデイズ 173ネタバレ|有月とリオンの青春の刹那

サカモトデイズ 173話: 発売日

サカモトデイズの第173話は2024年7月8日のジャンプで連載予定です。ただし!サカモトデイズ は、2024 年7 月4日iotaku.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: サカモトデイズ173話 Raw – Sakamoto Days 173 RAW

サカモトデイズ 172話: 要約とレビュー

そして熊埜御が有月に対して語りかける中で、「これならさ、楽やハルマがいなくても私たちだけで十分」と言われましたが、楽とハルマは果たして亡くなってしまったのでしょうか?

個人的にはハルマは篁さんに体をちょんぱされてしまったために死んでしまったと思いますが、楽は心臓を一突きされただけなので大丈夫だと信じていました。

もちろん普通ならば大丈夫ではありませんが、バトルジャンキーの楽のこれまでのタフなところや、第1回人気投票で9位になった楽のコメントに「こいつ超強い」とあったため、死なないだろうと期待していました。

ただ、それは予想ではなく、ただの私の願望だったのだと思い知らされました。

それでも、まだ可能性があるのかもしれません。きめえロボの鹿島が楽とハルマを救出し治療を施したものの、楽は重傷すぎて戦線離脱という状態になっています。

世紀の殺し屋展でシンと一緒に行動していた鹿島は最後行方をくらましており、スラー一派の情報を坂本商店にリークしていました。しかし、鹿島はスラー一派のみんなを仲間だと思っていることには変わりはないので、楽とハルマを助け出すことに期待したいです。そんな未来を描きたいですね。

サカモトデイズ 173話: ネタバレと予想

【サカモトデイズ】173話のネタバレ前回までの話

世紀の殺し屋編が幕を閉じた後、ORDERは死亡者やリストラに見舞われました。しかし、海外出張に行っていた沖さんがギャンブラーのトーレスとミュージシャンの七夕を新たに仲間に加えました。

一方、坂本商店では坂本が抹殺対象となってしまい、家族を巻き込まないためにどうすべきか悩んでいましたが、最終的には殺連を乗っ取り、坂本商店を全国チェーン展開するという大きな目標に向かって進むことを決意しました。

そしてスラー一派は、殺連が保有する武器製造工場で大規模なテロを引き起こし、篁スラーが無差別に殺戮を繰り返していました。

そんな中、見た目はイケメンだが中身はジジイの多重人格者、有月を赤尾リオンの人格がなだめたところで、前回は終了となりました。

【サカモトデイズ】173話のネタバレキンダカの今

キンダカがぶっ倒れていることからわかるように、今回の話は過去編、つまり原作第119話で有月が裏切者だとバレて逃亡し、そんな有月をリオンが追いかけているところから始まっています。

当時の状況を振り返ると、天羽藍&このみちゃん親子を護衛する任務の際、ポイズンブレンダー小林との戦闘にて「運動量と比例して血液中に循環しやすくなる毒」の攻撃を食らってしまい、キンダカと有月の解毒がまだ済んでいない状況でした。

そこで有月は小林のポケットから解毒薬をなんとか見つけ、自身の役目を果たそうとしました。しかし、キンダカの分の解毒薬を落下させ消失させようとしたところ、心優しいスピードスターキンダカがなんとか解毒薬を拾い上げましたが、結局毒が全身に回ってしまいぶっ倒れてしまいました。

ちなみに有月とリオンからすると、キンダカは即死したと思っていたのでしょうが、実際はまだ亡くなっておらず昏睡状態です。医者は回復の見込みがないと判断していますが、南雲が有月とリオン失踪の重要参考人として殺連に無理を言って人工呼吸器で延命している状態です。

Hình ảnh Ghim câu chuyện

【サカモトデイズ】173話のネタバレ有月のメンタルは限界

過去編の有月はまだ誰の人格も入っていないため、「殺しは減らすに越したことはない」と述べており、キンダカのことも始末したくはありませんでした。ただ人の心とかない麻樹のパワハラにより、自分の気持ちに反しながらも仕方なく殺すしかなかったため、もう泣いちゃってます。かわいそうに。

具体的には「もし失敗したらアルカマルの人間を一人殺す」と言われており、当時13歳で麻樹に唾を吐くなどナマをこいていた楽を人質に取っていました。

アルカマルについて改めて解説すると、アルカマルは表向きは殺連直属の児童養護施設で、その実態はORDERを無理やり養成する機関となっており、現在は何者かによって全焼され廃校となっています。そのためアルカマルには生まれた時から自分の人生を生きることは許されない、マージでかわいそうな子供たちが集まっていたということです。

そしてそのアルカマルを仕切っていたのが現殺連会長の麻樹栖で、とにかくやりたい放題していたようです。ちなみに麻樹は有月のことを「弟」と言っていますが名字が違いますし、有月は孤児だといえるため、麻樹が兄貴面して弟認定しているのだといえます。

麻樹はこんだけ有月につらいことを押し付けておきながら、「お前のことを思ってる」的な雰囲気を醸し出してるのが、極めて悪質です。ブラコンブラザーズの勢羽兄弟からしたら考えられないことです。

【サカモトデイズ】173話のネタバレリオンの優しさが心にしみわたる

そして有月とリオンは追手として来ていた殺連員たちに見つかってしまい、有月はもう完全にあきらめムードでしたが、リオンが銃でズドバーンといっちゃってしまい、二人の逃亡劇がスタートしました。

リオンが助けた理由は、故郷に守りたい家族がいてわかりみが深いからと、有月が悪人に見えないからでした。家族というのは昌のことを指していると思われます。

有月はリオンの「悪人だとは思えない」という言葉に目をウッルウルさせながら喜びます。原作第166話にて有月は「僕は善人にも悪人にもなり切れないから居場所がない」という旨の発言をしており、自分のことをいいやつだと思えなかった有月が他の人からまっとうな奴だと認識され、相当嬉しかったのだと読み取れます。

サカモトデイズ 173話:どこで読むか

サカモトデイズ 173は、2024年7月4日iotaku.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: サカモトデイズ173話 Raw – Sakamoto Days 173 RAW

関連名

Sakamoto (SUZUKI Yuuto) 173
SAKAMOTO -サカモト- 173
Дни Сакамото 173
أيام ساكاموتو 173
साकामोतो डेज 173
サカモトデイズ 173
坂本 DAYS 173
사카모토 데이즈 173

 

  サカモトデイズ 172話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *