Skip to content

サカモトデイズ 156話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

サカモトデイズ 第156話は、鈴木悠人によって執筆・挿絵された日本のマンガシリーズです。

『サカモトデイズ 』を愛する全ての皆さん、注目してください。第156話がもうすぐ登場し、皆が興奮しています。

第156話の発売日は厳密には2月18日。それよりも早く知りたい人のために、ネタバレやストーリーの展開は日曜日か月曜日までには用意されているはずです。

このブログ記事では、『サカモトデイズ 』第156話に関する全ての情報をお伝えします。それには、本がいつ発売されるか、新しい詳細、あらすじ、そしてその他の情報が含まれます。どうぞお楽しみに。

サカモトデイズ 156話: 発売日、ネタバレ、どこで読むか

サカモトデイズ 156話: 発売日

サカモトデイズの第156話は2024年2月26日のジャンプで連載予定です。ただし!サカモトデイズ は、2024 年2 月22日iotaku.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

👉今すぐ読む: サカモトデイズ 155話 Raw – Sakamoto Days Chapter 155 RAW

👉今すぐ読む: サカモトデイズ 156話 Raw – Sakamoto Days Chapter 156 RAW

サカモトデイズ 155話: 要約とレビュー

『サカモトデイズ 』第155話は、主にShishibaとShin対HarumaとKumanomiの激しい戦いを中心に展開すると予想されています。読者たちはこの対決の展開を待ちわび、アクション満載で物語の進展に鍵となる瞬間が約束されていることに期待が高まっています。

前回のNagumoとGakuの重要な戦いの結果は、Orderのメンバーたちが持つ formidable(手ごわい)スキルレベルを思い出させます。NagumoがGakuに重傷を負わせつつも勝利することで、彼の能力と行動の潜在的な致命的な結果が強調されます。この文脈は、ShishibaとShinが関わる次の戦いにおいて賭けを高めています。

仮想の一対一のシナリオでは、ShishibaがおそらくHarumaまたはKumanomiのどちらかに対して勝利するだろうと推測されています。この想定は、Shishibaの示した巧妙さと戦闘能力に基づき、彼が個々の戦闘状況で優位に立っているという示唆に裏打ちされています。

Shishibaとは異なり、Shinはまだ戦闘で自分を十分に証明していません。彼がUzukiの手下の一人と十分な対決ができない場合、Shishibaが相手の結束した強さに圧倒されるリスクがあります。このダイナミックは、迫り来る戦いに不確実性の要素を加え、読者にはShinのパフォーマンスと戦いへの潜在的な貢献に興味津々にさせます。

When can we expect a Sakamoto Days anime adaptation?

高い賭けがかかった戦いの舞台が設定され、鈴木悠人は読者たちの間で効果的にサスペンスと期待感を築き上げ、次の章でどのように事件が展開するかを待ち望んでいます。対決の結末にまつわる不確実性は、物語のナラティブアークに興奮と投資を加えます。

次の章では確約されていませんが、読者は将来のエピソードでUzukiのRionパーソナの復帰を期待できます。Rionの登場は、物語に新しい複雑さと展開をもたらすことを約束し、将来のプロットの変化とキャラクターの相互作用に対する期待を一層高めます。

サカモトデイズ 156話: ネタバレと予想

サカモトデイズの156話のネタバレ最新話!リオンは死亡せず生きている!?

サカモトデイズの第156話ではリオンの生死に注目です。

そして有月はまだ体内に毒が残っているキンダカを殺すため、解毒剤を捨てようとします。

ただ有月の体にも毒が残っていたので、自殺しつつキンダカも殺すやり方ですね。

しかしそこにキンダカが猛スピードで走って解毒剤をキャッチし、有月に託すのです。

こうして有月は助かったものの、人外のスピードで動いてしまったキンダカの体にコバの毒が回り、瀕死の重体となっています。

ただこの時のリオンの死体はきれいなままで、明らかにごく最近殺されたものです。

ただリオンが有月を追ってから1年以上経っており、その間にずっとサカモト達に連絡もせず追い続けていたはずはありません。

なので有月がリオンの死体を1年以上も冷凍保存でもしていたか、あるいはこの死体は偽物でリオンは生存している可能性もありそうでした。

これにより、リオンが生きているというよりは、有月のもう一つの人格として存在しているだけであることが明かされます。

156話ではリオンの人格の動向に注目ですね。

サカモトデイズの156話のネタバレ最新話!南雲、神々廻、大佛はどう動く!?

サカモトデイズの第156話では南雲達がどう動くのか注目です。

またその過程で豹の過去も少し明かされており、ガタイ以外の才能が無かった豹はがむしゃらに常人離れしたトレーニングを毎日続け、今の強さを手にしていたのです。

そして平助と豹が打ち解けた矢先、スラーの一味である熊埜御(クマノミ)が突然襲来しました。

ただお人好しな性格な災いし、通行人を庇って瀕死のダメージを負うのです。

そしてトドメの一撃が放たれますが、平助が狙撃によって豹を救出しました。

特に平助が豹の顎当てへの跳弾でクマノミに一撃食らわせ、さらに豹が追撃するのです。

その後は平助がフルボッコにされるも、豹が平助を助けるために遥か後方にぶん投げ、クマノミを海に引きずり込み、両手を掴んで道連れにしようとします。

クマノミも豹の体中に船のスクリューなどをぶっ刺して致命傷を負わせるも、豹はゾンビの如く生き続けてクマノミの手を離しません。

結局豹は事切れますが、命と引換えにクマノミの右腕を持っていったのです。

では豹の死を知った南雲や神々廻、大佛がどう動くのか注目ですね。

Sakamoto Days – Manga Sales

サカモトデイズの156話のネタバレ最新話!有月の爆破テロ計画の動向は?

サカモトデイズの第156話では有月の爆破テロ計画の動向に注目です。

そして晶は「リオンを殺した男」ということで臨戦態勢に入るのです。

ただその次の瞬間、有月が急に豹変し、なんと赤尾リオンそのものが有月の別人格として発現したのです。

そして鹿島の自爆の後、有月(リオン)は晶を連れて日本へと去っていきます。

一方でサカモト達は、胸から上だけになった廃棄物(鹿島)を手に入れ、貴重な情報源を得ました笑

こうしてサカモト達は鹿島の持つスラーについての情報を得ることができます。

ピーク時にそんなことをすれば犠牲者1000人は軽く超え、世界でも未曾有の巨大テロ事件になってしまいます。

 ではスラーの爆破テロを防げるかに注目ですね。

サカモトデイズの156話のネタバレ最新話!有月達が動き出す!

『坂本デイズ』第156話では、「熊埜御(クマノミ)」と「ハルマ」が揃い、有月たちがどんどん動き出しそうな感じだよ。

それから1年以上が経って、サカモトが向かった先で、人格が変わった有月と、その側でリオンが死亡していたんだ。

サカモトが有月の頭を撃ち抜いて殺したはずなのに、有月は今もなお生きているんだ。

ここで有月がついに「ORDERを潰す」と口にしていて、全面戦争が勃発したら相当ハードな戦いになりそうだね。

では引き続き有月たちの動きに注目だね。

サカモトデイズの156話のネタバレ最新話!スラー一味との戦いの行方は!?

サカモトデイズの第156話ではスラー一味との戦いに注目です。

これが破壊的な威力で、バーを半壊されつつ、武藤の部下を皆殺しにしています。

そしてハルマは武藤をスラーの元に連行するのです。

そしていよいよ「世紀の殺し屋展」の開幕が近づいてきます。

そこに真冬が現れ、JCC編入試験の同期である加耳の喉を潰すのです。

ただ加耳は真冬から聞こえる「時限爆弾の時計音」を聞いて、真冬が爆弾の仕掛け人だと気づきました。

WurtS×「SAKAMOTO DAYS」コラボ曲を配信リリース、今夜J-WAVEで初オンエア(コメントあり / 動画あり) - 音楽ナタリー

そしてスラーの狙いは、真冬をORDERにぶつけて瞬殺させ、爆弾を起動して心中させることでした。

そして大佛vs真冬の戦闘が始まるのです。

これは寿命を前借りする代わりに身体機能を飛躍的に向上させるため、大佛相手にも善戦します。

しかし大佛はそれすらも上回る化け物なため、真冬はKOされてしまいました。

そこでシンが壁をぶっ壊して爆弾ごと外に身を投げ出すのです。

これにより爆弾は空中で大爆発し、シンは空中に放り出されてしまいました。

しかしそこにサカモトが現れ、虎丸を囲んでいた男たちを一瞬で無力化するのです。

その道中、サカモトは殺し屋の集団を片手間でフルボッコにしながら、他人を推すことしか知らない虎丸に「自分推しになれ」と諭すのです。

これに惚れ直した虎丸はスラー推しから再びサカモト推しに出戻りします。つまりサカモトの話は一切聞いていません笑

そしてそこに南雲が現れ、南雲とガクの戦いが始まろうとしています。

しかしすかさず南雲も楽に強烈な斬撃をヒットさせており、お互いに譲りません。

そしてガクが考えるのをやめ、いつもやっているゲームの感覚で南雲に迫り、押し始めますが・・

南雲が透明な刃でガクの体を貫通するのです。

ただガクも流石にボロボロの満身創痍で、スラー一味にとっては間違いなく戦力ダウンでしょう。

そこにスラーこと有月が現地入りするのです。

そんな中、スラーこと有月がついに麻樹の前に現れ、積年の恨みと共に殺そうとするのです。

しかし実は南雲の体だと思っていたのはガクの体であり、南雲はガクになりすましていました。

そして南雲が有月の不意をついて後ろから突き刺すのです。

構図としては神々廻vsクマノミ、シンvsハルマとなっています。

これで一気に形勢不利になるも、その直後に周(あまね)が駆けつけ、3vs3の乱戦状態になります。

156話ではスラー一味を倒せるかに注目ですね。

サカモトデイズ 156話:どこで読むか

サカモトデイズ 156は、2024年2月22日iotaku.orgに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす。

👉今すぐ読む: サカモトデイズ 155話 Raw – Sakamoto Days Chapter 155 RAW

👉今すぐ読む: サカモトデイズ 156話 Raw – Sakamoto Days Chapter 156 RAW

結論

  サカモトデイズ170話 Raw – Sakamoto Days 170 RAW

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *